ビジネス英会話

【使えるビジネス英語】を身に着けるための勉強法とは?

ビジネス英語の勉強法では4つのステップが大事!

英語が話せるようになりたいと憧れる人はおおいが、それは単純な憧れの気持ちだけでなくビジネスシーンにも役立つといった具体的な理由がある人もいて、確かに日本国内では英語ができることは転職や収入アップにとても役立ちます。

しかし、ビジネス英語は日常英語よりも高度なスキルが必要なイメージもあるので、抵抗を感じる人はおおいです。

そんなビジネス英語だが、実は4つのステップがとても大事で、それらの4ステップを抑えれば英語学習までの流れも見えてきます。

ビジネス英語に必要な最低限の基礎を固める

ビジネス英語ができるようになる為に欠かせないのが必要最低限の基礎を固めることです。

やはり、これが最も大切で、しっかりと基礎を固めておけば後はそれらの応用で対処することができます。つまり、基礎的な英文法とビジネスシーンで頻繁に使われる英単語を覚えておくことです。

中でも英文法は重要でこれをしっかり身に付けておけば、全ての英単語が理解できなくても何が言いたいのか理解することができます。ですので、まずは文法を完璧にしながらビジネスで使う単語を覚えていきましょう。

ビジネスシーンのイメージ化とフレーズ化

ビジネスシーンで英語を使えるようになる為には、単語や英文法を覚えるだけでなく実際に使っている場面をイメージすることが重要です。その為には、実際に使っているビジネスシーンをイメージかすることが大切です。

具体的には電話対応や資料作成や会議進行など自身が行う業務をイメージ化します。その状況で使う会話をフレーズをイメージできれば、その会話を英語にして用意しておけば実際にビジネスシーンで使うことができます。

つまり、実際の場面から自分のマニュアルを作ることが大切だということです。

フレーズを活用したロールプレイング

実際に使うフレーズを作ることができたら、それを実際に声に出してしゃべる必要があるが、全く練習もなしに職場で使うには抵抗があるでしょう。その場合は、一人でロールプレイングのように練習すると良いでしょう。

簡単に言えばイメージトレーニングだが、例えば電話対応なら2人1組でオペレーターとお客さんを演じてトレーニングするが、これを一人二役で自分だけで全ての会話を英語でシミュレーションしてみることです。

これなら誰かと一緒にやると緊張もなく心おきなく英語を話すことができます。

実際にアウトプットできる場を作る

英語はどんなに頭で理解して覚えても実際にアウトプット、つまり会話をしなければ定着させることはできません。なので、英語の基礎を固めて実際のビジネスシーンで使うフレーズがイメージ化できたら実際にしゃべる場を作る必要があります。

これは誰かに協力してもらって実際のビジネスシーンをイメージして会話をするのも良いし、自分だけでビジネスシーンをイメージして行う方法でも良いです。

大切なことは一人でやる場合でも必ず声に出して行うことです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

  1. TOEICってどれぐらいのビジネス英会話力があるの?

  2. 英語初心者が初歩的なビジネス英会話を学ぶならどうやって学べばいい?

  3. ビジネスマンがおすすめするビジネス英会話の参考書5選を紹介!

  4. ビジネス英語のリスニング教材を目的別に紹介!

  5. ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室の選び方

  6. 独学でビジネス英会話ができるようになるには?仕事の英語が話せるようにな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP

ビジネス英会話

ビジネス英語学習に使える映画5選

ビジネス英会話

英語のビジネス会議で使える英語表現を紹介!

ビジネス英会話

TOEICってどれぐらいのビジネス英会話力があるの?

ビジネス英会話

ビジネス英語のリスニング教材を目的別に紹介!

ビジネス英会話

独学でビジネス英会話ができるようになるには?仕事の英語が話せるようになる学習法