ビジネス英会話

独学でビジネス英会話ができるようになるには?仕事の英語が話せるようになる学習法

文法ばかり勉強していると後で困ったことになる

英語の勉強と言えば文法の勉強と考えがちですが、ビジネス英語は実践力が非常に重要となるので文法ばかりを勉強していてもなかなか結果に繋がりません。

例えば仮定法や倒置といった文法はあまり実際には使われていません。日本で学ばれている英文法においては実践向けでないものがいくつも存在し、多くの方がそれらに時間を使ってしまっています。

これにより、熱心に文法を勉強していても実際のビジネス英語に活用できないというケースが発生します。

英会話教材で勉強しても上達しない理由は?

英会話教材は英語を勉強する上で便利なツールの1つです。しかし、それだけでビジネス英語を習得するのはなかなか難しいでしょう。自分で発音する機会がないからです。

英会話教材においてもリスニングなどで耳を鍛えることは出来ます。ただ、自分で発音する練習にはならないため、重要な伝える力が育まれていきません。

あくまで机の上で学んでいる英語という域を抜けていかないということです。基礎力自体は育まれていきますのでもちろん無駄ではありません。

「英会話スクールに行けばきっと英語ペラペラに」と期待しない

英語を勉強する手段として英会話スクールに通うという方法もよく取られています。英会話スクールではネイティブの方と実際に会話できるので、英語の上達という意味で大きな効果があります。

しかし、それは必ずしも英語がペラペラになるという意味ではありません。英会話スクールの講師の方は指導用に分かりやすい話し方をしてくれています。

そのため、英会話スクールでしっかりと聞けていても、実際に英語が使いこなせるようになっているかは分からないということです。

単語をひたすら覚えるのは無駄ではない

英語を学ぶ上で重要になるのが単語を覚えることです。英文法よりも英単語の方が遥かに種類が多く、単語が分からないと聞くことも話すことも出来ません。

せっかく文法が分かっていても単語が覚えられていなければ、本末転倒になってしまいます。英語を理解する上で丸暗記を嫌う方もおられます。確かに言語は暗記だけで習得できるものではありません。

しかし、単語をひたすら覚えることは英語を習得する上で非常に意味のあることです。

基礎文法を一気に学ぶ

単語をしっかりと覚えると同時に基礎文法を学ぶことは非常に重要となります。基礎文法を理解していれば、それぞれの単語の役割を見分けやすくなります。単語が分かっていれば文法の理解も順調になりやすいです。

文法は特定のものばかり覚えていても実践的ではなく、幅広く理解を進めていくことが重要となります。

そのため、受動態や関係代名詞といった1つの分野を磨き上げるというよりは、総合的かつ複合的に学ぶことをお勧めします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

  1. TOEICってどれぐらいのビジネス英会話力があるの?

  2. ビジネス英語のリスニング教材を目的別に紹介!

  3. 英語のビジネス会議で使える英語表現を紹介!

  4. 【使えるビジネス英語】を身に着けるための勉強法とは?

  5. ビジネスマンがおすすめするビジネス英会話の参考書5選を紹介!

  6. 英語初心者が初歩的なビジネス英会話を学ぶならどうやって学べばいい?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP

ビジネス英会話

ビジネス英語学習に使える映画5選

ビジネス英会話

英語のビジネス会議で使える英語表現を紹介!

ビジネス英会話

TOEICってどれぐらいのビジネス英会話力があるの?

ビジネス英会話

ビジネス英語のリスニング教材を目的別に紹介!

ビジネス英会話

独学でビジネス英会話ができるようになるには?仕事の英語が話せるようになる学習法