ビジネス英会話

TOEICってどれぐらいのビジネス英会話力があるの?

TOEICスコア400点のビジネス英会話のレベルとは?

TOEICスコア400点のビジネス英会話のレベルは、残念ながら自己紹介とあいさつができる程度のレベルです。

実際に英語でのコミュニケーションを行うにしても、相手は英語が話せて聞き取れるという速度で話してくるので意味が理解できず相手が察して単語数を減らして初めて理解できます。

そのためビジネス英語の概念である敬語を踏まえた英語ができるレベルではないため、一般社会の上での英語はできてもビジネスとして行うには全く適していないといえます。

TOEICスコア500点ビジネス英会話のレベルとは?

TOEICスコア500点ビジネス英会話のレベルとは、これも400点と同じく自己紹介とあいさつと短い単語でのコミュニケーションができるレベルです。

ビジネス英語を実践するには全く足りないですがただ400点に比べて100点以上伸びていることもあり新卒者には企業が取得していてほしいレベルと考えられているので就職には有利になります。

このレベルは長文での会話ができないですが、最低限の単語数のコミュニケーションはできます。

そして海外赴任した時に必要な移動手段であるバスや飛行機に乗る際にも、英語表記を見て時刻表を理解することができます。

TOEICスコア600点ビジネス英会話のレベルとは?

TOEICスコア600点ビジネス英会話のレベルとは、海外をまたにかけて仕事をする人間には最低限持っていてほしい点数の基準になります。

このレベルになると長文を理解する能力が備わりかけているので、しっかりと聞き取りがゆっくりでもできるようになるので道案内や道を聞くこともできるレベルです。

そのためビジネス英語として活用する際にも、相手が仕事を依頼してきたときに内容を理解して仕事に取り組めるのでやっと戦力として認められ始めます。

TOEICスコア700点ビジネス英会話のレベルとは?

TOEICスコア700点ビジネス英会話のレベルとは、この段階に入って初めて海外の企業で仕事をしてもよい最低限の点数になります。

このレベルになると長文をかなりの範囲で理解できるので、相手と的確に話すことができるため国内の企業では即戦力として扱われます。

海外に赴任するしても700点あれば、日常生活に支障をきたすことなくなじめるのでストレスを感じないです。

そのためビジネス英語を覚えて国内ではなく海外で過ごしたいと思う人間は、この700点がボーダーラインになります。

TOEICスコア800点ビジネス英会話のレベルとは?

TOEICスコア800点ビジネス英会話のレベルとは、このレベルになれば全く問題なく相手とスムーズにコミュニケーションが取れるレベルです。

相手が言っていることを理解し自身もしっかりと相手に対して敬語を踏まえたやり取りが可能になるので、英語でのやり取りの失敗がなくなり交渉がスムーズに運びます。

そのため国内企業でも国外に拠点がある企業にとっては最優先で採用したい人材であり、海外の企業も英語が話せて別の国の新しい空気を自社に取り入れたいと考える企業にとっては即戦力の人材で優遇されます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事

  1. 英語のビジネス会議で使える英語表現を紹介!

  2. 独学でビジネス英会話ができるようになるには?仕事の英語が話せるようにな…

  3. 英語初心者が初歩的なビジネス英会話を学ぶならどうやって学べばいい?

  4. ビジネス英語学習に使える映画5選

  5. ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室の選び方

  6. ビジネスマンがおすすめするビジネス英会話の参考書5選を紹介!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP

ビジネス英会話

ビジネス英語学習に使える映画5選

ビジネス英会話

英語のビジネス会議で使える英語表現を紹介!

ビジネス英会話

TOEICってどれぐらいのビジネス英会話力があるの?

ビジネス英会話

ビジネス英語のリスニング教材を目的別に紹介!

ビジネス英会話

独学でビジネス英会話ができるようになるには?仕事の英語が話せるようになる学習法